yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
トンデモ落語の会
第60回トンデモ落語の会に行ってきた。
うーん、マンネリというか全般的にやる気が感じられない。古典落語の一部改変でお茶を濁されてもなぁ……。談之助のスケッチブックを片手にしての抗中運動のすすめはよかったが。考えてみれば中国人自体がトンデモ民族だ。

しかし、まったく思いがけず楽しめたのが、ゲストの活動弁士・坂本頼光。名前も知らなかったし、もちろんライブを観るのも初めてだったが、今回はこれだけで完全に元をとったという感じ。
まず昔の無声映画の「ジャックと豆の木」の活弁を行ない、次に完全自作のアニメ「サザザさん」を上映しつつ、自ら活弁を行なう。
このアニメがめちゃくちゃハイクオリティ。「サザエさん」の設定で絵柄は水木しげるふう。イラストやコミックではこういうパロディものよく見かけるが、アニメでつくってしまうというのはすごい。しかも作品としてちゃんと楽しめる。
もちろん活弁なので、登場するすべてのキャラクターの声も坂本頼光が一人で演じ分けている。これがまたレベルが高く、本職の声優なみ(あとで調べたら声優の仕事のかなりやっているようだ)。
これはぜひ機会があったら別の作品も観てみたい。

 
スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。