yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
アイスリボン後楽園ホール大会「リボンの騎士たち」
今日は女子プロレス・アイスリボンの後楽園ホール大会「リボンの騎士たち」に行ってきた。
プロレスの生観戦は今年はじめて。最盛期には年50回近く行っていたのだが。
後楽園ホールに行ったのは1年ぶり。ちょうど去年のアイスリボン後楽園ホール大会に行って以来だ。
今やプロレス界はマイナーの一途。インディーズ団体が後楽園ホールで大会を行なうのは至難となっており、私もアイスリボンが去年、後楽園ホール大会をやると知ったときは、えっ、まさかと思ったものだが、予想外に満員の入り。今年はもうアイスリボンの後楽園ホール大会は2回め。さらに12月にも後楽園ホール大会を行なう予定。
あれ? もしかして年に3回も後楽園ホール大会ができる女子プロレス団体って今やアイスリボンだけ? この数年の躍進ぶりはすごい。
今日の後楽園ホールも、北側の席をつぶしていたとはいえ、ほぼ満員の入り。

第1試合からメインイベントまで、男女ミックストマッチあり、キャプテンフォール・イリミネーションマッチあり、そしてダブルメインイベントの2試合はシングルのタイトル戦と、カードも実によく練られていた。
各試合の前に映像を流し、この試合の位置づけをわかりやすく伝えてくれたのもよかった。

ちなみに、アイスリボンの試合を生で見るのは一年ぶりだが、まったくそんな気がしない。なぜかというと、1日に2回、アイスリボンからメールマガジンが届くから。しかも選手の生の声で書かれ、写真つきなので、他のメールはとばしてもアイスリボンからのメールは必ず読んでいる。

しかし、ひさしぶりにプロレスを観ると、今まで見たこともないような技を見かけたりと、いろいろ発見もあっておもしろい。
みなみ飛香のブロックバスター・ホールドなんて、驚くほど鮮やかのブリッジで、今まで見た中で最高のブロックバスター・ホールドといって間違いない。
メインのさくらえみ対里村明衣子も、予想以上に見応えのある試合だった。

 
スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。