yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
「リング」「らせん」「リング2」
CSで久々に「リング」「らせん」「リング2」を観た。「リング」は何度か観ているので大まかにはストーリーを覚えていたが、「らせん」「リング2」は劇場公開時に1回観たきりで、内容もすっかり忘れていた。
「らせん」は……こんな話だったか。「リング」の怪奇減少に無理やり科学的説明をつけた結果、そうとうなトンデモ作品になってしまったもの。公開当時、「リング」「らせん」の2本立てで公開されたのに、その後「らせん」はなかったことにされ、「リング」の続編「リング2」が改めてつくられたというかわいそうな作品。

しかし、改めてつくられた「リング2」のほうも、全然怖くない。やはり「リング」の続編をつくること自体に無理があったか。
しかし、脚本の高橋洋、最新作の「恐怖」を観ても思ったが、実は脚本はかなり下手なのでは。

 
スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。