yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
月触歌劇団「坂本龍馬 戦場へ!」
昨日25日、月触歌劇団「坂本龍馬 戦場へ!」を観に行った。
今作も月触歌劇団デフォルトといえるタイムトラベルもの。満洲関東軍の軍人が坂本龍馬を幕末から呼び寄せる。
ほー、幕末の尊皇攘夷思想が結局、第二次大戦まで続いていたのかとか、吉田松陰の主張(樺太、朝鮮、台湾、満洲の領有)が、ほぼそのまま明治時代から終戦まで踏襲されていたのかとか、さらに遡ると、明治維新を進めた薩長はもともと関が原の合戦で豊臣側につき江戸時代冷遇されていた藩。それが維新後、韓国を併合し、豊臣秀吉の悲願だった朝鮮征服を実現させたのだなぁとか、いろいろ思うところがあった。

龍馬役の合沢萌は凛々しくてまさにハマり役。木野鈴之進/乙女役の大島朋恵もよかった。
大島朋恵、誰かに似てるなぁ、誰だろうと考えていたのだが、ずっと思い出せずもやもやしていた。それが今日になって、以前近所のコンビニで働いていた店員のコだと思い出した。胸のつかえがとれた気分。

 
スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。