yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
大山誠一郎「仮面幻双曲」
未読だと思っていた大山誠一郎作品だが、実は「仮面幻双曲」のほうは以前読んだことがあった。2度買いになってしまった。
しかしかなり忘れていたので読み直し。双子の弟が整形手術で顔を換えて兄に復讐をしようとする。この双子トリックが、まさにこれまでの双子トリックの常識を越えた画期的なもの。まさにパズラー。
しかし、推理ゲーム的にはおもしろいが、現実的に考えると犯人がわざわざこんなトリックを使って犯行を行なっても、リスクが多くてデメリットばかり。それに、「アルファベット・パズラーズ」の「Fの告発」とも通ずるのだが、すぐにばれると思うのだが。

初読のときは気づかなかったが、冒頭の章タイトル「プロローグ--昭和二十一年・冬」自体、叙述トリックになっていたんですね。「TRICK×LOGIC」の2作にも通ずるが、こういうところは見事!

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。