yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
DSができない! 痛い凡ミス
前のほうの記事で書いたように、今回のタイ旅行、後半の2日半は下痢になり、ホテルの部屋でおとなしくしていたので、日本からもっていった文庫本4冊も読み尽くしてしまった(ちなみにその4冊は、中町信「空白の殺意」、ジル・チャーチル「ゴミと罰」、ジャック・フィニイ「完全脱獄」、ウィリアム・L・デアンドリア「ホッグ連続殺人」。どれもおもしろかった。後半の2冊はそうとう前に買ったまま読んでいなかったもの)。
あとは……こういうときのためにもってきたDSをやるか。と、DSを取り出し、いろいろ入れていたゲームの中から「レイトン教授と不思議な町」にとりかかる。これもなかなかおもしろい。数時間やったところでバッテリーがなくなってきたのでACアダプターをつないでプレイしていたところ、なんと、いきなり画面消失。あれ? ACアダプターをつないでいるのに何で? よく考えたら、任天堂純正のACアダプター、日本専用だった。それは知っていて、海外対応のACアダプターももっているのに、なぜか今回に限って純正のACアダプターをもってきてしまった。うわー、凡ミス。
わりとこまめにセーブしていたので(というか区切りのいいところでゲームのほうからセーブしますか?と聞いてきてくれる)、被害はさほどなかったが、バッテリー切れでDSもできなくなってしまったのが痛い。あとはテレビを見ることくらいしかやることがなくなってしまった。
スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。