yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
「ドレミの歌」
今日初めて知ったこと。「ドレミの歌」日本語詞の作詞はペギー葉山だったこと。
へー、そうだったんだ。と思ってネットで調べてみたら、「ドはドーナツのド~」のペギー葉山バージョン以外にも、いろいろなバージョンの「ドレミの歌」があることが判明。
また、オリジナル英語版以外にも、韓国語、中国語、イタリア語まど各国語のさまざまな「ドレミの歌」があることなども判明。

中国語版はこんな感じ。
唱歌兒快樂多
就忘記眼涙
你真是太甜蜜
我有個辦法
快聽我對你説
把煩惱開來啦
從今後笑喜喜
唱起歌來快樂多

あれ? ドレミに対応してないじゃん、と思ったがよく見たら各行、最後の1文字が、 多=ド、涙=レ、という具合に対応していた。

あやこの部屋」というブログの記事を参考にさせていただきました。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。