yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
「サマータイムマシン・ブルース」
本広克行監督、ヨーロッパ企画原作の「曲がれ!スプーン」公開中だが、本広+ヨーロッパ企画といえば、傑作「サマータイムマシン・ブルース」。
「曲がれ!スプーン」の公開にあわせ、CS「日本映画専門チャンネルHD」で、映画版と映画の原作となった舞台版の「サマータイムマシン・ブルース」を連続放送していた。
映画は以前に観ていたのだが、舞台を観るのは今回が初めて。
すでに映画を観てストーリーはわかっている&舞台を生でなく放送で観るのではおもしろさ半減、のはずなのだが、この舞台版の「サマー・タイムマシン・ブルース」もめっちゃおもしろかった!
いやぁ、よくできた話だなぁ。きっかけは壊れたリモコンのかわりに、昨日のまだ壊れていないリモコンを取りにタイムトラベルするという、昨日と今日を行き来するだけの超スケールの小さな話ながら、細部にいたるまでつじつまがあって、実に見事なタイムトラベルストーリーになっている。その精密度は「マイナス・ゼロ」級。

それにしても本広克行監督、「サマータイムマシン・ブルース」のような傑作をつくるかと思えば、「少林少女」のような駄作をつくったりと、ブレ幅が大きすぎ!

 
スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
初めまして。
おじゃまします!すごく楽しませてもらいました。
これからも更新楽しみにしてます♪
それではまた~☆
2009/12/01(火) 15:49:12 | URL | まさ #bZNh.Ppc[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。