yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
「ATOM」
あれ? このブログ、1週間も更新しないままだった。その間もイベントに行ったりDVDを観たりいろいろしているのだが、どれもアジア関連。なので、萌えるアジアのほうに書いている。よかったらこちらを見てください。

さて、今日は遅ればせながら「ATOM」を観た。本当は昨日観るつもりで昼過ぎに新宿ピカデリーに行ったのだが、「ATOM」は吹き替え版が午前9時20分、字幕版が午前11時50分の2回しかやっていず、すごすごと引き返してきた。

今日はちゃんと時間どおりに行って、11時50分からの字幕版を鑑賞。すでに予告編で、イマイチなさけないアトムや天馬博士、お茶の水博士を見ているので衝撃はないが、なんで原作のキャラより劣化させるのか。
話も、詰めが甘くてイマイチ。トビーの記憶をコピーされたアトム、自分がロボットと気づいていない時点で足からジェット噴射してなぜ悩まないのか? ノーテンキに喜んで空を飛んでいるとかあり得ない。
空中都市メトロシティと地上の世界も、メチャクチャ貧富の差があるはずなのに対立とかも全然なく、地上の世界は地上の世界でロボット同士戦わせて楽しんでるし。 いちばん気にいらないのは、3Dで描かれた人間がみなゴム人形のような質感なこと。気持ち悪~い。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。