yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
楳図カーニバル09スペシャルROCKライブ
行ってきました。「楳図カーニバル09スペシャルROCKライブ」。ていうか、地元吉祥寺で行なうからには行かないわけには行かないでしょう。

会場はSTAR PINE'S CAFE。てっきりオールスタンディングだと思ったが、前半分は椅子席だった。トークイベントのとき同様、今回もフラッシュを使わなければ撮影OKとのこと。うーん、デジカメをもってくればよかった。
司会は、13日のトークイベントと同じく、木原浩勝。
1曲目、アラビアンな衣装で登場した楳図かずお、「へび少女」を歌う。続いて近田春夫に詞を提供した「エレクトリック・ラブ・ストーリー」と曲が進む。「おとぎ話のヨコハマ」「グワシ!まことちゃん」などノリノリで30分ほど歌ったところで、第1部終了。
20分の休憩をはさみ、映画「おろち」で映像化された、流しの「新宿烏」スペシャルROCKライブバージョンから第2部スタート。途中、楳図かずおが息切れして休憩が必要になり、急遽質疑応答コーナーになったりもしたが、楳図ファンおなじみのナンバーから、今日初披露の「まことちゃん音頭」、そしてアンコールの「猫目小僧」主題歌まで、すべて振り付きで歌いきった。
そして力強く、来年もライブやります宣言。いやぁ、これは楽しみ。
楳図先生にはぜひ音楽にも力を入れていただきたい。

楳図先生、高校3年のときには漫画から遠ざかり、毎日音楽づけの生活だったとか。
本人も知らないうちに自分の描いた作品が出版されたので漫画家になったが、もし漫画家になっていなかったら、そのままプロのミュージシャンになっていたかも。
そうなっていたら、これまで聞いたこともないような、聞いただけで夜も眠れなくなるようなホラー音楽というジャンルが生まれていたかも、なんて想像をしてしまった。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。