yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
ソニーのデジカメ DSC-WX1とParty-shotを購入
一時期はどれもこれも似たり寄ったりのものばかりになってしまったデジカメだが、今年に入って各社から注目の新製品が続々登場。
パナソニックのLUMIX GH1に始まり、オリンパスのPEN E-P1、富士フイルムの3DデジカメFinePix REAL3D W1、ニコンからは撮影した写真をプロジェクターとして写せる機種、そしてパナソニックからPEN E-P1の対抗機種LUMIX GF1……。

どれも欲しいのだが、この間PEN E-P1を買ったばかりなので、そうそう新しい機種を買ってはいられない……と思っていたのに、またまた新しいデジカメを買ってしまった。ソニーのDSC-WX1。
というより、オプションのParty-shotにひかれたといったほうがいいだろう。
このParty-shot、円盤状の物体で、これにカメラをセットすると自動的に左右に回転したり上下に首をふったりして、自動的に最適の構図をみつけ撮影するという、まさに“撮影ロボ ”。
ソニーという会社、たまにこういう、予想を超えたガジェットを出してくれる。まぁ、ローリーみたいにはずしたものもあるが、今回のParty-shotはすばらしい。
顔認識機能とかスマイルシャッターとか、イマイチ必要性を感じていなかったが、こういう使い方があったのか、と感心。
このParty-shotが使える機種が、新製品のDSC-TX1とDSC-WX1の2機種だったので、DSC-WX1を買ってというしだい。

Party-shotのほうは、試しにちょっと動かしてみただけだが、円盤の上のデジカメがじわじわと動いているのを見ているだけでけっこう感動する。AIBOにも通ずるものがある。

 
スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。