yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
「漂流教室 ~大人たちの放課後~」
よしもとプリンスシアターに、「漂流教室 ~大人たちの放課後~」を観に行った。
吉本の主催、主役も品川庄司の庄司智春ということで、「漂流教室」とは名ばかりのコメディーだったらどうしようと心配したのだが、観てみたらちゃんとした演劇だった。

設定として原作と違うのは、学校ごと未来にタイムスリップしてしまうのが、高校夜間部の生徒ということ。これに、たまたま忘れ物をとりにきた昼間の生徒も一人巻き込まれる。このほかには先生、そして原作で強烈な印象を残すパン屋の関谷。
話は原作の設定は残しつつ、よくまとまっていて思った以上に楽しめた。
少なくとも、あのトンデモ映画「漂流教室」よりはるかにいい。といいつつ、やはり原作の魅力には遠く及ばない。原作を読んでからずいぶんたっているので、また原作も読んでみたくなった。

ちなみに、今回はファミリーマートで前売り券を買ったのだが、C列27番だったので前から3列目かと思ったのだが、会場に行ってみたらCが最前列だった。が、27番は右端から3番目。常に首を左に曲げていない観れなかった。
開演20分前に着席したときはスカスカだったが、開演時にはほぼ満席になっていた。

よしもとプリンスシアターに、「漂流教室 ~大人たちの放課後~」を観に行った。
吉本の主催、主役も品川庄司の庄司智春ということで、「漂流教室」とは名ばかりのコメディーだったらどうしようと心配したのだが、観てみたらちゃんとした演劇だった。

設定として原作と違うのは、学校ごと未来にタイムスリップしてしまうのが、高校夜間部の生徒ということ。これに、たまたま忘れ物をとりにきた昼間の生徒も一人巻き込まれる。このほかには先生、そして原作で強烈な印象を残すパン屋の関谷。
話は原作の設定は残しつつ、よくまとまっていて思った以上に楽しめた。
少なくとも、あのトンデモ映画「漂流教室」よりはるかにいい。といいつつ、やはり原作の魅力には遠く及ばない。原作を読んでからずいぶんたっているので、また原作も読んでみたくなった。

ちなみに、今回はファミリーマートで前売り券を買ったのだが、C列27番だったので前から3列目かと思ったのだが、会場に行ってみたらCが最前列だった。が、27番は右端から3番目。常に首を左に曲げていない観れなかった。
開演20分前に着席したときはスカスカだったが、開演時にはほぼ満席になっていた。

 
スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。