yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
☆大・楳図カーニバル09☆スペシャルトークショー
☆大・楳図カーニバル09☆スペシャルトークショーに行ってきた。
行ってみるまで、どんな客層なのか見当もつかなかったが、行ってみても、性別も年齢もばらばら。若い女性から年配の方、小学生の子供を連れた夫婦、外人とさまざま。

木原浩勝の司会により進行。前半は、楳図かずおのデビュー当時から初期の作品についてのトーク。
デビュー作が本になったことを人から教えてもらって初めて知ったエピソード(乗り物に弱く、高校の修学旅行に行けなかった楳図かずおが、旅行から帰ってきた同級生に「熱海であなたの本を売っているのを見た」と言われた)とか、少女向けの恐怖マンガを描くきっかけになったエピソード(地元・奈良県五條市で人が列車に轢かれた現場に遭遇。人だかりができていたが、外側にいたのは男性、死体のすぐそばにいたのは女子高生だった。このとき、あー、女性はこういうものを見たがるんだと確信したそうだ)、初期に描いた恐怖マンガ「おみっちゃんが今夜もやってくる」は、あまりの怖さにその話が都市伝説のように広がり、当時、全国の「みっちゃん」がいじめられた(これは木原浩勝から出た話。楳図先生本人はこのことは知らなかった)など、興味深い話がいっぱい。
しかし、ここで話に出た初期の作品、まったく読んでないなぁ。これはぜひ読んでみよう。

「猫目小僧」についてのトークと、ゲキメーション妖怪伝「猫目小僧」最終回の上映、楳図かずお自ら歌う「猫目小僧」主題歌をはさみ、後半は近田春夫をゲストに招いて楳図音楽作品についてのトーク。
「グワシ!!まことちゃん」ダンス、抽選会、楳図先生への誕生日プレゼントと続いてイベント終了。満足のいくイベントだった。ここ数年毎年やっているようなので、来年もぜひ参加しよう。

   
スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。