yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
佐野洋作品
このところ、「ひとり、そしてそれだけ」「二人で殺人を」「突然の余白」「検察審査会の午後」と、立て続けに佐野洋の作品を読んでいる。
どれも、奇抜なトリックや驚くほどのストーリー展開があるわせではないが、読み始めると続きが気になって、どんどんページが進む。
傑作とはいえないが、どの作品も駄作ではなく平均点以上という、なかなか珍しいタイプの作家。
日本に検察審査会などというものがあるのも初めて知った。それにしては身近に検察審査員だったっていう人も見かけないなぁ。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。