yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
第19回無限落語の会
久々に無限落語の会に行ってきた。
前座・玉々丈、二つ目・たん丈の2連チャンはきつい~。玉々丈の噺は、SF落語とか言っていたがSFにもなってないしまったくおもしろくない。たん丈のはどんな噺かもおぼえていない。
次の百栄は、寄席に来ている6、7人のお爺さんにも通じる新作ということで、O・ヘンリーの「A Harlem Tragedy」を下敷きにしたという噺。これもいつになく地味だった。
中入りの円丈、なんと背後に黒子を引き連れての登場。プロンプターとしての効果のほどは?だが、ようやく盛り上がる。「カレー屋ジョニー」というカレー屋を舞台にしたネタ。
中入り後、白鳥の新作ネタ下ろしは、バリ島に卒業旅行に来た女子大生2人の噺。おもしろかったが、ストーリーが単調なわりに長すぎる。
トリは、小ゑん。こちらはネタ下ろしでなく、以前つくって数回やったままやらなくなっていた噺。山にハイキングに行き、遭難しかけた親子に、シンデレラや浦島太郎などさまざまな童話、昔話のネタがリミックス。これもありがちなアイデア。やらなくなったのもわかる。

これまで、無限落語の会場・お江戸日本橋亭に行くには、東京メトロ・三越前駅で降りていたが、JR神田駅からも徒歩7分程度ということが判明。わざわざ地下鉄に乗り換えていくことはなかった。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。