yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
「海角七號」
昨年、台湾映画史上最大のヒットになった「海角七號」。
この間台湾に行ったときにDVDを買ってきて、見ないまま放ってあったが、今日、ようやく鑑賞。
台湾の小さな町で日本人歌手がコンサートを行なうことになり、その前座で町の人たちが急遽バンドを結成して出場することになる、というのがメインストーリー。これに、終戦時、台湾から日本に引き上げることになった日本人教師が教え子の女生徒に宛てた手紙の話がからんでくる。
中国語字幕を追っての鑑賞なので、理解度50%ぐらいなのだが、それでもかなり楽しめた。何しろ出てくるキャラクターがどれも強烈。そして最後のコンサートの場面はやはりジーンときた。
この作品も、国語、台湾語、日本語が入り乱れていた。

DVDは、特典として劇中に出てくる日本からの手紙の複製が入っている豪華版。何気に封筒から便箋を出してそのまま読んでいたが、よく考えたら、これ、台湾のDVDだよなぁ。日本語の手紙がそのまま入っているってすごいですね。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。