yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
台湾1日目、1月29日
忘れないうちに、昨日までの台湾旅行のメモを書いておこう。

1日目、1月29日(木)
成田9時40分発チャイナエアラインCI107で台北へ。これは前回と同じ便。台北駅に2時半くらいに着けるのはいいが、朝5時起きになるのがつらい。
ホテルは、今回はじめて泊まるホテルサンルート台北。4泊のうち前半2泊。MRT民権西路駅から徒歩5分程度と地の利もいい。日本人が多く泊まるホテルだけあって、フロントも日本語でOK。しかしこのホテルには大きな問題があった。インターネットの実効速度がメチャクチャ遅い。有線LANで100MBと表示はされるのだが,実際には1Mもないのでは? 遅いだけならまだしもWeb画面表示途中でエラーになってしまうことも頻発。これでは使い物にならない。
ホテルに着いて一休みしたあと一番に向かったのが、メイド喫茶Fatimaid。前回は日曜の夕方に行ったら満席で入れなかったのだが、今回は大丈夫か? 場所もこの1月に台北地下街から地上に移転したとのことで地図を頼りに行ってみたところ、あっという間に発見。 台北地下街のY13出口から出たら目の前の建物の2階。2階といっても1階にFatimaid専用の扉があり、そこを開けて階段を登っていくと店内。
今回は平日の4時ころということもあり、店内はさほど混んでいず、ぼくが入ったときに客は6人ほど。店内は、以前の地下街のときより若干広くなったようだ。

以前は席の用意ができるまで店の外で待たされたのだが、今回は店内の入り口近くの椅子で待機。ちょっとたったらメイドさんに席に案内され、メニュー説明を受ける。今の時間は下午茶タイムとのことで、サンドイッチセットやワッフルセットなど軽食メニューがある。が、ここでひとつ予想外なことが。この日は平日なのだが休日扱いで最低消費200元となっていたのだ。お正月なので休日と同じということなのだろう(今年の旧正月元旦は1月26日)。しかしサッドイッチセットを頼んでも150元で200元には足りない。さらに70元のクッキーを頼んでようやく200元を突破。
しかしクッキーもサンドイッチも思っていた以上のボリューム。しかし残すのももうしわけないので全部食べたら、これでかなり満腹になってしまった。

ふだんは閑散としている台北地下街もこの日は人であふれていた。さすがお正月。こんなに活気のある台北地下街は初めてだ。以前Fatimaidのあった西のはずれまで行ってみたが、Fatimaidのあったところはまだ新しい店舗は入っていず、移転案内が貼ってあった。

このあと行った士林夜市も、驚くほどの混雑でほとんどラッシュアワー並み。結局何も買わず、何も食べずじまい。

この日の夕食は、ホテルの近くにあった髯鬚張(ひげちょう)でとることにした。
以前の勤務地の近くに髯鬚張があって、よく食べに行ったものだが、本家台湾の髯鬚張には今まで入ったことがなかったのだ。というわけで台湾での初髯鬚張。
しかしFatimaidで満腹になっていたため、かろうじて雞肉飯(小)とコーンスープしか頼めなかった。次回はもっとちゃんとしたメニューを試したい。
…とここでネットで調べたら、日本の髯鬚張って全店2009年1月31日で閉店していたんですね。うわぁ、残念。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。