yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
N-01Aを1週間使用してみて
ケータイをN-01Aに買い換えて1週間ほどたつ。ここまで使ってみての感想を。
いちばんの誤算は、キー入力がしにくいこと!
縦のキーピッチが狭い。
スライド式だと設計上どうしてもキーボード部分の面積が狭くなってしまう。
しかしこんなことは一目見ればわかること。いやぁ、うかつだった。
まぁ、これまでの折り畳み式ケータイ(N904i)とくらべ、多少入力しにくいという程度なのだが……。

タッチパネルは、なかなか便利だが、これまでのキーボードでの操作体系に、タッチパネルでできることをとりあえず付け足してみました、という感じでいかにも中途半端。
とりあえずメールを読むまではタッチパネルでできるが、返信をするにはキーボードから打たないとならない(まぁこれはしょうがない)し、iコンシェルを開くことはタッチパネルでできても、閉じるにはキー操作が必要になる。
いちばん納得いかないのは、iメニューを開いても、そこから先はタッチパネルでは操作できないこと。

あと、ディスプレイ部がいったん横画面にスライドして、さらに90度動いて縦画面になるというのもギミックとしてはおもしろいが、実際のところ横画面で使うことはほとんどないので、ディスプレイをスライドする操作に一手間余計な作業が増える。

追記 その後、取説を読んだところ、タッチパネル操作で直前の操作を取り消したい場合は、サイドにある「プッシュトーク」ボタンを押せばいいことが判明。ボタン操作にはなるが、スタイルは変えなくて済む。しかし、サイドのボタンは超押しづらい。

iメニューのようにFLASHが使われている場合は、タッチパネルでの操作はできないようだ。 通常のHTML画面であれば、画面上でタッチしてリンク先へ進むことができる。

ときどき、何の操作もしていないのに勝手にリダイヤルの画面が表示されたりして謎だったのだが、これも取説を読んだところ、待ち受け画面で指を左から右にスライドさせるとリダイヤルを表示する設定だったことが判明。

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。