yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
北京オリンピック開会式の順番
以前書いた、北京オリンピックの各国入場行進の順番だが、
Wikipediaの「北京オリンピックの開会式」の項目に、「入場順と旗手一覧」が漢字表記付きで詳しく載っていた。
今回の中国語による行進順、異例のことかと思ったのだが、実は行進順は「開催国の言語を使うのが通例」だった。アテネオリンピックではギリシャ語表記でのアルファベット順、トリノオリンピックではイタリア語表記でのアルファベット順、ソウルオリンピックではハングルのカナダラ順を使っていた。
東京、札幌、長野と英語のアルファベット順で行進を行なった日本のほうが例外だったのだ。今まで気にしなかったが、思えばたしかに不思議。なぜ日本語の50音順でなく英語のアルファベット表記を使うのか?

スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
除湿機の比較ガイド
除湿機の検索サイト。ランキング、比較、価格、シャープ、ナショナルなど除湿機に関する各種情報をお届けしています。 http://variation.hartmerrell.com/
2008/11/30(日) 10:21:10 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。