yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201308<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201310
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
桐朋女子中・高等学校の学園祭「桐朋祭」に行ってきた。
桐朋女子とは縁もゆかりもないが、2年に1度くらいの割合で桐朋祭に行っている。いちばんの目当ては高3の各クラスが演じる演劇。これがクラスの演し物とはとても思えないほどクオリティが高く、観るたびに感心してしまうのだ。
今年の桐朋祭は28、29日の2日間。あいにく28日はうっかり予定を入れてしまったので観に行けなかった。今日観たのは高3Gの「かっぱ」と、高3Fの「不思議なクリスマスのつくりかた」。

高3Gの「かっぱ」は、クラスの中心的存在だったヒメノがある日突然カッパになってしまう。頭にはお皿、緑のウロコ、そして魚の腐ったようないやな臭い。クラスメイトはこれまでどおりに接しようとするが……。これはいろいろ考えさせられる作品でしたね。カッパへの変身という意外すぎる出来事を通していじめ問題とかを描いているわけだが、さすがリアル高校生が演じているだけあって、劇内でのちょっとした会話とかリアクションも自然で興味深く観れた。
家に帰ってから調べたところではこの作品、オリジナルは2007年に青森中央高校演劇部が演じた「河童」。作・畑澤聖悟。

続いて観た高3Fの「不思議なクリスマスのつくりかた」。クリスマスの日に8人の人間がデパートのエレベーターに閉じ込められてしまう。と、次のシーンではチャーリー・ブラウンやスヌーピー、ルーシーなど「PEANUTS」の世界になる。演じているのはエレベーターに閉じ込められたのと同じメンバー。その中で彼らはクリスマスにお芝居を演じることになるのだが……。
と、作中で登場人物たちが自分たちが誰かによって生み出された架空の存在であるということに気づくというメタな構造の作品。これは高校演劇の出し物としてはレベルが高すぎるのでは。

こちらは後で調べたところではオリジナルは演劇集団キャラメルボックスの初期の代表作。成井豊が書いた最初の?戯曲。キャラメルボックスの原点的作品で何度も再演されている。

ちなみに、今年特筆すべきはパンフレットに描かれたイラスト。かわいくデフォルメされた女子校生が多数描かれているのだが、これがプロが描いたかとみまがうほどの出来。 このパンフを入手できただけでも、桐朋祭に行った甲斐があるというものだ。

    
スポンサーサイト
PEAR::Authを使ってみた
今週は自分のサイトの会員認証方式を変更。
これまでBASIC認証でやってきたのだが、さすがに今どきこれはないだろうと思い、ちゃんとログイン、ログアウトできるようにした。
これまでも認証用のデータ自体はMySQLのDBテーブルで扱ってきたので、変更するといってもそんなに難しくはないだろうと思い、どういう方法でやればいいか調べた結果、PHPのPEAR::Authを使うことにした。 PEARを使うのは初めてで、まずはそのインストールから手こずったのだが、なんとかusername、passwordによる認証までは成功。しかしそこからがまた一苦労。

「PEAR入門」とかも買ったのだが、手持ちの参考資料だけではどうにも情報に乏しく、サイトで情報を得ながらなんとかやっていった。

とくに苦労したのが以下の点。
username、password以外の条件設定
同一ドメインで複数のPEAR::Authを使う場合の設定
ページを遷移する際、「フォーム再送信の確認」が出てしまうのを防ぐ方法
ログアウトを別ファイルにする方法

また、これに伴い、特定のディレトクリだけZipファイルへの直リンクを禁止したり(こちらはhttpd.confへの記述により解決)と、次々に難問続出。はじめは単純に認証方式を置き換えればすむかと思っていたのだが、思わぬ大工事になってしまった。

    
ひさびさにジョギング
このところ家でパソコンに向かっていることが多い。
とくに台風が来たときなどはずっと家に閉じこもっていたが、今日はひさびさにジョギング。2か月ぶり? もっとか? いつも走っている公園に行ってみたら先日の大雨の被害で立ち入り禁止となっていて、急遽コースを変更。こんなところに被害が及んでいたとは。

    
「QED ~flumen~ ホームズの真実」「八王子七色面妖館密室不可能殺人」
今月は講談社ノベルスを2冊購入。高田崇史「QED ~flumen~ ホームズの真実」はQEDシリーズの番外編。このシリーズ、途中までで読むのをやめてしまったのでひさびさ。
後半に「QEDパーフェクトガイドブック」が収録されているので小説部分はわりと短め。

次に倉阪鬼一郎「八王子七色面妖館密室不可能殺人事件」。年の1作出ている倉阪バカミスが今年も登場。今回は八王子にある七色の館が舞台。例によって本文中に仕掛けがあるのだろうと何度も後戻りしつつ読んでいたため、読み終わるのに時間がかかってしまった。が、その甲斐あって今回は本文中に埋め込まれた仕掛けは途中で発見できた。
さすがに第2の仕掛けはみつけられなかったが。というかこんなのわかりっこない。あいかわらず壮大な無駄エネルギーぶり。

    
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。