yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201306<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201308
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
Kindle最大の難関
Kindle本の作り方はだいたいマスターしたが、もうひとつやっかいなハードルがあった。 なんと、何もしないでいると、収入の30%をアメリカの税務署に源泉徴収されてしまうのだ。
アメリカで売れた場合にかかるのかと誤解していたが、日本で売れた場合にもかかるものだった。ただでさえ掛け率35%か70%なのにそこからさらに30%もひかれてしまうなんて。 もちろん、日本の税金もかかるので税金を二重に取られることになる。

これを防ぐにはアメリカの米国内国歳入庁(IRS)というところに書類を送って雇用者識別番号(EIN)を取得し、次に取得したEINなどをW-8BENという書類に記入し米Amazon本社に郵送するという手順が必要。

Amazonのkindleダイレクト・パブリッシングのページに載っていた記入例なども参考にしてなんとか買い終え、コンビニからファックスしたが、はたして大丈夫か? 受信できるファックスがないため、郵送での受け取りになるが他の方のブログなどを見ると1か月くらいはかかるもよう。

    
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。