yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201207<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201209
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
「帝国の死角」高木彬光の隠れベストワン!?
今回は神津恭介ものを離れ、「帝国の死角」を読んでみた。
上下巻と大部な上、タイトルからして「白昼の死角」の二番煎じかとこれまで読むのを敬遠していたが、読んでびっくり、これ、ある意味、高木彬光の全作品の中でもベストワンでは。
作品は上下2巻に分かれ、上巻では、第二次大戦勃発直前、密命を帯びてドイツに赴任した海軍少将・鈴木高徳の6年間にわたる手記を作者が手に入れ、原文をわかりやすく書きなおして紹介している。なんとこれに上巻まるまる全部費やしている。
内容は第二次大戦直前、そして戦争真っ最中の情勢がまさにその渦中にいる人物の視点で描かれ、興味深く読んだのだが、ここまでミステリー的要素はほぼ皆無。

下巻ではそれから二十数年後の昭和44年に舞台が移る。鈴木高徳の息子、鈴木二郎は大鳳社という出版社に勤めていたのだが、八光教という新興宗教が新しく始めるという出版事業のため、破格の条件で引き抜かれる。…とここでようやくミステリーらしくなってくるのだが、本当の驚愕は事件がすべて解決したあとのエピローグにもちこされる。というか、本文すべて、このエピローグを描きたいがための長~いフリ。高木彬光、こんな叙述トリック作品を書いていたとは。

実は、上巻の本文を読み終えたあと、うっかり上巻の解説を読み出したら、大技のトリック云々という文章が目に入ってしまったため、下巻の途中でこういう仕掛けかなと気づいたのだが、これを知らず素直に読んでいたらさらに驚愕度が増したはず。


初刊時には、上巻は「天皇の密使」がメインタイトルで、「帝国の死角 第一部」はサブタイトルしてごく小さく書かれていたもよう。たしかにこれだけでも独立して読めはするが、当時これだけ読んだ人はどう思っただろう。下巻も同じく「神々の黄昏」がメインタイトルで「帝国の死角 第二部」とごく小さく書かれていた。うっかり下巻だけ買ってしまった人はさっぱりわけがわからなかっただろう。

 
    
スポンサーサイト
高木彬光「白雪姫」
高木彬光の神津恭介ものの短編のうち、角川文庫未収録で題名が女性に関係ある作品を中心に編集された短編集。
収録作品7編は、昭和24年から31年と幅広い年代にわたっている。
その最初期に書かれた表題作「白雪姫」が最も印象深かった。青森で起こった密室殺人事件。事件現場の家のまわりの空き地は雪で覆われ足跡がない。「魔弾の射手」でも同じようなシチュエーションが書かれていたので、同じトリックかと思ったが、こちらは殺害方法が絞殺で、トリックも違うものだった。
しかし、この大掛かりなトリック、やっている最中に誰かに見られたら一発で終わりだ。夜中の青森とはいえ、誰かが出歩かないとは限らない。実際、作中でも登場人物の一人が夜、そっと家を抜けだしているし。
さらに納得いかないのが、わざわざ密室にした理由。自殺に見せかけたわけでもないし、わざわざこんな危険なことをする意味がまったくない。

    
高木彬光「悪魔の嘲笑」
弁護士を自称する男が東洋新聞にやってくる。しかし真鍋記者が応対に出てみると、この男は「美宝堂……吉本は白……真犯人は別にいる」と言いながら死んでしまう。
4年前、美宝堂という宝石店で起こった毒殺事件。逮捕された吉本は一審、二審とも死刑が言い渡され、10日後には最高裁の判決が迫っている。はたしてこれは冤罪なのか? ……と、神津恭介ものでありながら、後年の社会派推理小説を思わせる展開。正直言って、同じ神津恭介ものでも「白妖鬼」「白魔の歌」のように怪奇風味をきかせたものよりこちらのほうがはるかにおもしろかった。やはり高木彬光の資質として社会派的な作品のほうが向いていたということだろう。
この後も美宝堂事件の真相を知っていると思われるものが次々と毒殺され、真鍋記者と神津恭介の活躍により真相に至るのだが、この真相がまたなかなか皮肉のきいた意外なもので感心した。

    
日本縦断アイドル乱舞2012
昨日23日、「HMVアイドル学園presents 日本縦断アイドル乱舞2012」というライブを観に、SHIBUYA-AXに行ってきた。
ここ数年、ライブといえば楳図かずおライブくらいしか行っていなかったのに、8月は4回もアイドルのライブに行ってしまった。何なんだろうこの集中ぶり。

今回のライブは、私立恵比寿中学、東京女子流といったメジャーどころから、名古屋のチームしゃちほこ、仙台のDorothy Little happyといった地方アイドルまで計11組が登場。
会場はオールスタンディング、開演時間ギリギリで行ったため、ほぼ最後部で観るはめになってしまい、ステージ上を観ることがほとんどできなかった。
さらに、4時間半という長丁場。最後のほうはかなり足にきてた。いやぁ年寄りにはこれはしんどい。

以下、印象に残ったことを適当に羅列。
2番目に登場したhy4_4yh(ハイパーヨーヨ)。なんと何かプロレスのテーマ曲(あとで調べたところUWFのテーマ曲だった)にのって登場。先日もアイスリボンの試合会場で生歌を聞いたばかりで親近感が沸く。が、この日の出演者の中ではアウェイ感バリバリ。

チームしゃちほこ 先日のTIFでも見かけた名古屋のアイドル。ひと目で名古屋とわかる衣装はすばらしいのひとこと。この日も北海道(Jewel Kiss)、仙台(Dorothy Little happy)、大阪(Mary Angel)など地方アイドルが出演していたが、他のアイドルは外見からは地方色がまったく伝わらない。この点、チームしゃちほこはダントツ!

Jewel Kiss  7人のメンバーそれぞれ自分のJewel Colorをもっているのだが、赤や青はいいとして、一人はバイオレット、一人はパープル! 衣装の色も微妙に違うがどっちも紫じゃん。調べたところ、バイオレットのほうが青っぼい紫、パープルのほうが赤っぼい紫で、日本語で「紫」といったとき思い浮かぶのはバイオレットのほうのようだ。…と、余計なトリビアが身についてしまった。
1曲、観客が正座して聞く曲というのがあり、この曲だけはオールスタンディングの観客がみんな床に正座していた。

東京女子流 なんと、12月22日に日本武道館だそうだ。そんなメジャーになっていたのか!

    
高木彬光「白妖鬼」
1955年刊行の神津恭介もの。冒頭、銀座の酒場で謎の人物がトランプ占いで弁護士に不吉な予言をしたところ、その人物は数日後に毒殺される。弁護士あてに届いていた謎の電報「テハクヲヨウヒキヨケリ」。他にも毛皮の外套だけを着た裸女が出現したりと怪奇趣味満載だが、行動がイマイチ意味不明。犯人はなぜ脅迫を暗号にする必要があったのか? ハクヨウキを新聞の社会部長が勝手に「白妖鬼」として報道しているがそれでいいのか? といろいろ疑問がわきおこる。
第一の殺人では死体から舌が切り取られ、第ニの殺人では死体がバラバラにされ胴体がなくなっていた。神津恭介は第三の事件では「乳房のない胸」がカギになると言っているのだが、事件がすべて解決しても、この「乳房のない胸」の意味はわからなかった。これはいったい何だったのか?

    
TOgether CITTA'
このことろアイドルづいていて、昨日はクラブチッタ川崎で開かれた「TOgether CITTA'」というイベントに行ってきた。
クラブチッタ川崎に行ったのはそうとうひさしぶり。開演時間16時30分の15分ほど前に入場したのだが、びっくりしたのがこの時点で観客が11人しかいなかったこと。クラブチッタ川崎はかなり広く、ステージも立派なのだが、これは寂しい。その気になれば最前列で観られるのだが、控えめにちょっと後ろのほうで見学。
さらに驚いたことに、壁に貼ってあったスケジュール表を見ると、21時45分まで予定があること。5時間以上か……これはちょっと無理だ。

サエキけんぞうの司会でライブスタート。まず「CHANGE!!」という二人組が登場。この時点で観客30人ほど。その後も徐々に増え続け、だいたい50人ほどにはなったが、これで採算があうのかひとごとながら心配。
だいたいどの出演者も2、3曲歌って交代するというハイペースでステージは進んでいく。

印象に残ったところでは、ももクロちゃんのカバーを歌った「クレヨン日記」、メイド喫茶ぴなふぉあから生まれたアイドルグループ「めろでぃリアン」、多人数アイドル「RT★J」、正統派アイドルらしい3人組「Love La Doll」、そうそう、お笑いの「マナティ」も印象に残った。古過ぎて伝わらない物真似なんて、久我美子とか倍賞美津子とか、私でも古すぎてリアルタイムでは知らない古さ。

とそれなりに楽しんで観てはいたのだが、冷房のせいで寒くもなり、腹も減ってきたので19時30分くらいで退散。

    
高木彬光「火車と死者」「死神の座」
高木彬光の神津恭介ものを続けて読んだ。
「火車と死者」  友人の結婚式披露宴に出席しようとした神津恭介を見知らぬ女性が待ちかまえ、熊本に伝わる火車伝説ーー鴉と猫と狐が集まり、死者を人形のようにあやつって動かすーーについて話しだす。その後に起こる火車伝説にまつわって起こる連続殺人事件。なんかつかみどころがないというか、事件の全貌がわからないまま結末を迎えてしまった。この作品に仮に「読者への挑戦状」を入れるとしたら、どこに入れるかそうとう悩むだろう。
1959年刊行。作品上の年代設定は1957年11月19日~。

「死神の座」  神津恭介ものではいちばんボリュームのある作品。今度は軽井沢へ向かう列車の中で、神津恭介の隣の席に座った女性が、占星学について饒舌に語り出すという発端。この後軽井沢で起こる連続殺人事件。
最初の被害者、2番めの被害者とも、新興財閥の娘の5人の婿候補ということがわかるのだが……。
占星学やそれに基づいた暗号など出てくるが、イマイチ効果的でない。

 
    
今日もTIF
昨日に続き、今日もTIF(東京アイドルフェスティバル)に行ってきた。
昨日は、事前に考えていたスケジューリングがまったくの机上の空論で、実際にはそんなに頻繁にあちこちの会場には移動できないということを痛感。今日は、なるべく最小限の移動で済むようなスケジューリングを考えた。
やはり昨日と同様、メインのステージには行かず、もっぱら地方アイドルを観ていく方針で、まず湾岸ビル屋上のSKY STAGEへ。
うわぁ、昨日以上のカンカン照り。WEST JAPAN IDOL LIVEの途中から観始める。
ステージはチームしゃちほこが歌っているところ。これは独特の衣装なのでひと目でわかる。しゃちほこをモチーフにしているのだろうが、どちらかというと鯉のぼり。昨日も2回見かけている。
しかしあまりにも暑いのでいったん階段の日陰のほうに避難し、再度屋上に復帰。OS☆U、まなみのりさ、W-Street OSAKA、CQC's!、LinQと見続ける。

このあといったん1階に降り、同じビルのFANTASTIC THEATERに行く予定……だったのだが、行ってみると列ができている上、会場内は超満員。入れ替え制ではないので待ってもいつ入れるかわからず、こちらの会場に入るのはあきらめた。
いろいろ時間や出演者の変更もあるようなのでネットでチェックすると、14時40分からSKY STAGEでRYUTist出演との情報が。14時30分くらいに再度SKY STAGEに上がり、ちょうど歌っていた愛乙女★DOLLを観る。さぁ次はRYUTistかと思ったら、次に出てきたのはTHE ポッシボー。なんだ、結局RYUTistは出ないじゃないか。
このあと、SECRET COURTに移動し、階段の日陰の部分に座ってステージを観る。CHOICE?、Barbee、ベイビーレイスと観たところで会場を後にする。

2日観終わったところで振り返ると、やはりいちばん印象に残ったのはRYUTistかな。 あと、アイドルストリート系のグループ(E-Streer SAPPORO、W-Street NAGOYA、W-Street OSAKAの3組)は、みなラストに「キラキラホリデー」を歌っていたので、この曲だけは印象に残った。
衣装に関してはなんといってもチームしゃちほこ! 他のグループがどれも似たり寄ったりの衣装の中、この衣装はひと目見たら忘れない。

結局、SKE48やアイドリング!!、東京女子流などメジャーどころはまったく観なかった。せめてBiSあたりは観たかったが、ちょっと体力が続かなかった。しかしこの手のイベント、またあったら参加してみたい。
しかしあれですね、111組も出ていてもソロのアイドルはほんの数えるほど。完全にグループアイドル全盛ですね。

    
高木彬光「白魔の歌」
先日から引き続き、高木彬光の神津恭介ものを読んでいる。今日は1958年の作品「白魔の歌」。元警官でその後私立探偵として活躍後、株式取引で財をなした男・鶴巻俊之輔が、神津恭介に3000万円を贈与するという申し込みをする。条件はただひとつ、自分が死んだら神津先生に解剖してもらいたいというもの。しかし神津はこれを拒否、以前からの予定どおり香港へ旅立つ。
その後、鶴巻家には白魔と名乗る脅迫状が届き、相次いで殺人事件が。鶴巻氏は神津恭介の出馬を懇願するが……。
冒頭の意外な形での神津と事件の関わりから、最後になってわかる犯行の意外な動機まで、十分楽しめた。短めな長編というか、長めの短編という感じだったが、これまで読んだ神津恭介ものではいちばん楽しめた。

    
TIFに行ってきた
去年おととしと行きそこなっていたTIF(東京アイドルフェスティバル)に行ってきた。
会場はお台場のダイバーシティ東京周辺。会場が9箇所に分かれて同時並行してライブが行われる。
いちおう事前にタイムテーブルをチェックして、メインステージはスルーしてふだん観ることのできない地方アイドルのステージを観ていこうと作戦を立てていた……のだが、甘かった! マップ上ではすぐ近くに思えた会場間の距離が実際にはかなり離れている上、最初に行こうとしたSKY STAGEなど3箇所は湾岸スタジオというビルの屋上に位置していた。おまけに、屋上に上がるエレベーターが2基しかなく、長~い行列ができている。上がるにも降りるにも時間がかかり、これでは他の会場と頻繁に行き来することは不可能だ。

おかげでSKY STAGEまで行くのにえらく時間をくってしまい、10時30分くらいには最寄り駅東京テレポートに着いたのに、会場に到着したときは11時15分。もうこの時点でかなり疲れてしまった。11時20分から始まるEAST JAPAN IDOL LIVEまであとちょっとだ……と思ったら、時間が11時45分からに変更になっていた。
この屋上、眺めがいいのはいいが、日差しを遮るものが何もない。しまったー、ちゃんとタオルとか準備しておくんだった。
ステージは栃木のご当地アイドル「とちおとめ25」に始まり、フルーティ、R★M、JewelKissなど東日本のご当地アイドルが続々登場。途中、SKY STAGEを抜け、同じ湾岸スタジオ屋上のFRESH FIELDで行われていたRYUTistのトークショーを観にいく。
SKY STAGEに戻り、e-Street SAPPORO、RYUTist、Negiccoのライブを観る。
e-Street SAPPOROはかわいいコが多いなぁ。要チェックだ。
そして今回一番のお目当て、新潟のアイドルRYUTist。3曲めの「ラリリレル」は名曲ですね。今度はぜひRYUTistの単独ライブを観にいこう。

初めての会場で勝手がわからず、ここまで何も口にしていない。湾岸スタジオを出て外の露店で食事をし、売店をうろうろしたあと、今度は公園広場のSMILE GARDENに向かう。今度はWEST JAPAN IDOL LIVE。愛媛のアイドルnanoCUNE、ひめキュンフルーツ缶に始まり、W-Street NAGOYA、そして大阪のキャラメル☆リボン、JK21と続く。
名前が気になっていたキャラメル☆リボンは中学生の3人組。途中、フリの指導もあり楽しめた。

というわけで今日は17時くらいに会場を後に。明日はもっとちゃんと準備していこう。
    
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。