yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201101<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201103
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
オリンパス XZ-1 レビュー
先日購入したXZ-1、短時間だが2回ほど使ったのでその印象を書いておこう(1回は東京マラソンEXPOで使用)。
操作性や撮影した写真の画質については、想定内だったので問題なし。もうちょっと長く使ったりいろいろな使い方をしたらまた別の感想が出てくると思うが、それはまた別の機会に。

使っていて気になった点。
まず、これはXZ-1に限らずコンパクトデジカメ全般にいえることだが、バッテリーの持ちが悪い。静止画117枚、30秒程度の動画3回撮ったところでバッテリー切れになってしまった。
2番目に、いちいちレンズキャップのつけはずしをするのがめんどう。とくに持ち歩いて撮る際はうざい。デジタル一番レフの場合は、フードやフィルターを付けているのでキャップをはずしたままでもさほど気にならないのだが、XZ-1はキャップをはずしたままだとうっかりレンズ表面にさわったり、どこかにぶつけそうで怖い。

キャップを付けたまま電源を入れると、レンズが伸びてキャップが自動的にはずれる。これはこれでキャップを付けたまま撮影するという失敗を防げるという意味ではありがたいのだが、キャップを紐でストラップに付けておかないとすぐなくしそう。
しかし、キャップを紐で付けていると、それはそれで撮影時ブラブラしてうっとうしい。とくにカメラを下に向けて撮影するときなど、そのままではキャップが写ってしまいかねない。
ここはぜひ、リコーから出ているような自動開閉式のレンズキャップを出してほしい。

3番目に、XZ-1はバッテリーの充電を、本体をUSBケーブルでつないでパソコンやACアダプターで行なうのだが、これがイマイチ。
まぁ、たしかにバッテリー充電中に撮影が必要になるような状況はそうはないだろうが、充電するのにいちいち本体からバッテリーを出して入れ替え、充電するのもうっとうしいし、どちらが充電済みなのかわからなくなりそう。
幸い、XZ-1のバッテリーLI-50B用の充電器LI-50Cというのがあるようなので、早速購入する予定。しかしまたまた出費か……。

   
    
スポンサーサイト
東京マラソンEXPO
去年に続き、東京マラソンEXPOに行ってきた。場所は東京ビッグサイト西1・2ホール。 基本的に去年とほぼ同じだなぁ。ゆっくり見ても1時間で見終わってしまった。
アシックスで東京マラソン限定グッズを買ったり、ヤマザキパンのブースで限定版ランチパックを買ったりした程度。
東京マラソン公式グッズも売っていたが、どれもイマイチな感じ。

tokyomarathon1.jpg   tokyomarathon2.jpg   tokyomarathon3.jpg
    
オリンパス XZ-1購入
ひさびさにデジカメ、オリンパスのXZ-1を購入。
オリンパスのデジカメを買ったのは、EP-1以来だ。EP-1も発売されてすぐ買ったのだが、その3カ月後に電子ビューファインダーが付けられるEP-2が出て、頭に来た覚えがある。
EP-1自体、持ち歩くには大きすぎてほとんど使っていないのだが、今回のXZ-1ぐらいのサイズなら持ち歩いても苦にならないだろう。レンズは明るいし、電子ビューファインダーも付けられるので購入した。本体、電子ビューファインダーに予備バッテリーも買ったので8万9700円とかなりの出費。

 
    
「うみねこのなく頃に」
このところ、ずーーっと「うみねこのなく頃に」をやっていた。EP1からEP8まで全部終わらせるのに1カ月以上かかった。さすがにコミケで4年かかって発表されたものをまとめてやるのはつらかった。
しかし、竜騎士07、よくこんな構造の物語を思いつくなぁ。テーブルトークRPGのプレイを書きつつ、そのゲームマスターとプレイヤーの会話を平行して書いているという感じ。

EP1から提示された謎はEP7でだいたい明かされたのだが、個々の事件の謎解きについてはEP8でも明かされないまま。これは自分で考えろということなのか。イマイチすっきりしない。
またEP1から読み直してみるか。

碑文の暗号についてはEP7で明かされたのだが、まさか台湾の淡水がキーだったとは。この暗号、考えた竜騎士07もすごいが、EP7で明かされるより前に解いていた人がいるというのもすごい。

 
    
「夏への扉」舞台化
ハインラインの「夏への扉」が舞台化。上演するのはキャラメルボックス。……って今ごろ知ったのかと言われそうですが、これは見逃せない。というわけで早速チケット購入しました。
大阪公演は2月22~27日、東京公演は3月5日~27日。
「夏への扉」の舞台化はこれが世界初だそうです。

    
第61回トンデモ落語の会
トンデモ落語の会に行ってきた。今回の会場はいつもと違い、お江戸日本橋亭。ここ何回かのトンデモ落語の会の入りや今日の天候などを考え、そんなに満員になることはないだろうとゆっくり行ったのだが……甘かった! 開演20分前に会場に着いた時点ですでに満員。係の人が椅子を追加してくれたのでなんとか座れたが、あやうく立ち見になるところだった。客席だけでなく、急遽高座の脇にも客を座らせる始末。こんなことは数年前のトンデモ落語の会で一度あって以来だ。いったいなぜ? 今回は川柳川柳師匠の80歳を祝ってということで、いつものメンバーに加え川柳川柳がゲストで登場したのだが、それで、というのもちょっと考えにくいし、会場が違うだけでこんなに入りが違うものか?

    
ANAとガンダムのコラボ
ANAとガンダムのコラボ企画「ANA×GUNDAM SKYプロジェクト」だが、昨年の7月から始まっていたのに不覚にもこれまで気づかなかった。ANAのイメージカラー青で配色したANAオリジナルカラーVer.のガンダムプラモデルも、すでに第1弾、第2弾は販売終了。今回入手した申し込みハガキで買えるのは、第3弾の「ANA×ガンダムジェット&RX-78ガンダム」と、「1/48メガサイズモデルガンダム ANAオリジナルカラーVer.」の2点だ。

なお、ANAの機内誌を見たところ、ANAとガンダムのコラボウォッチ「ANA×GUNDAM SKYプロジェクト オリジナニウォッチ」や、ガンダムのシールドをイメージしたトランク「ANA×GUNDAM SKYプロジェクト オリジナルトランク」も売っていた。かなり悩んだ末、トランクを購入。

機体にガンダムのイラストやロゴをあしらった「ANA×GUNDAMジェット」も就航しており、今回の羽田→札幌の便もわざわざこれに合わせた……のに、空港に行ってみたら機種変更で別の機種になっていた。これにはガックリ。

    
さっぽろ雪まつり
8日から1泊2日で札幌に行ってきた。 かなり貯まったのに使わないままだったANAのマイルを消費するのと、ANA搭乗者でないと購入できないANA×GUNDAMプラモデルの申し込みハガキを入手するため。
なので、別に札幌でなくどこでもよかったのだが、ちょうど2月7日からさっぽろ雪まつりが始まり、マイル特典で航空券も予約できたので、札幌へGO!
札幌へ行くのは30年ぶりくらいだ。というか国内線の飛行機に乗ること自体ひさしぶり。羽田空港へ行くのも、以前チャイナエアラインの台北行きが羽田から出ていたとき以来。空港もすっかり様変わりしている。

さて、札幌だが……いやぁ、北海道の寒さを甘くみていた。東京もこの間までやたら寒かったが、やはり札幌の寒さは東京の比ではなかった。飛行機が札幌に着いたときの気温がマイナス4度。夜、雪まつりを見ていたときはもっと寒かったはず。
とくにこたえたのが、手袋をしていても指先がかじかんでくること。しかしデジカメで写真を撮ろうとすると、手袋をしたままではうまく操作できないので、どうしても手袋を脱いでの操作になる。指先がかじかむ感覚なんていつ以来だろう。

デジカメがまた、バッテリー残量がたっぷりあるのにあっという間に電池切れの表示になってしまう。デジカメがこれほど寒さに弱いとは。知識としては知っていたが、実体験したのは初めてだ。
結局、夕方1時間ほどさっぽろ雪まつりを見て、いったんホテルにチェックインしたあと、もう一度夜1時間ほど見たり適当に買い食いしたりした。何しろ寒くてゆっくりとは見ていられなかった~。

sapporo1.jpg sapporo2.jpg sapporo3.jpg sapporo4.jpg
    
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。