yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201001<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201003
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」
TBSラジオの「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」。
ときどき、「映画におけるフード理論」とか「いわもとQ」とか、めちゃくちゃマニアックな特集をやって楽しませてくれるが、今週の特集はとくにすごかった。
「辛そうで辛くない少し辛いラー油」特集と、「グロそうでグロくない、少しグロい怪獣ヘドラ」特集の2本立て。
桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」は食べたことないが、俄然食べてみたくなった。
ヘドラ特集のほうも、「ヘドラは性のメタファー」とか鋭い指摘もあり、俄然また「ゴジラ対ヘドラ」を観たくなってきた。

ちなみに、先週の特集もなかなかすごく、「映画駄話シリーズ "やっぱり2が好き!"」特集と「映画駄話シリーズ "それでも3が好き!"」特集の2本立て。
話の中で出てきた作品、観てないものがけっこうある。早速観てみようと思ったのだが、「エクソシスト3」とか、DVDも出ていることは出ているが、ほとんど入手不可能、ぜひ観てみたいなぁ。

 
    
スポンサーサイト
第25回無限落語の回 無限初の円丈名作独演会
無限落語の回に行ってきた。
うーん、今回は全般に低調だったなぁ。
円丈「ベンチャーズ寝床」(モロ師岡作)。古典落語の焼き直しは、よっぽど斬新なアイデアが入ってないと元の噺ほどおもしろくならないと思うのだが、「ベンチャーズ寝床」は、「寝床」を会社社長のベンチャーズ・ギターライブに置き換えただけ。
モロ師岡「いたちの留吉」は、30年ぶりに刑務所から出所してきた男が社会の変化にとまどう噺だが時代考証がメャチクチャ。ハガキが5円だのパンパンだの街頭テレビでのって、どう考えても50年くらい刑務所に入っていたとしか思えない。マクドナルドに入って驚くのだが、マクドナルドなんて30年前にはもうあっただろう……と思ったが、よく考えたらこれ、円丈がつくった新作落語だった。1980~85年くらいにつくられたものなのか? だとしたら合点もいくが、現在の噺にするなら大幅な修正が必要、というかほとんど作り直しになるだろう。
マクドナルドのロゴはMが由来ではなく、二重のアーチから来ているというトリビアだけがこの噺を聞いてよかった点。

トリは円丈の「わからない」。1980年ころにつくった噺とのこと。無実なのに殺人の罪をきせられ、死刑になってしまう男の噺。とりたててヒネリもないしミステリー的なおもしろさもない。どこを楽しめばいいのかわからない。

    
「黒の奔流」
予約録画したまま観ていなかったドラマ「黒の奔流」を今日観た。松本清張生誕100年記念ドラマ。船越英一郎が弁護士となり、殺人の罪をきせられた女性を無罪に導く。彼女はその後、弁護士の事務所に勤めるようになるが…。という、松本清張ならではのドロドロの愛憎劇。泥沼とはこのことだ。
みうらじゅんが対談の中で、松本清張の本質はホラーだみたいなことを言っていたが、まさにそのとおり。というかなまじのホラーより現実味がある分、はるかに怖い。
調べてみたらこの作品、1972年に映画になって以来、たびたびドラマ化されている。原作は「種族同盟」という短編。ドラマは今回のものも含め、どれも1972年の映画をベースにしているようだ。今度は映画版を観てみよう。

    
「ラブリー・ボーン」
ピーター・ジャクソンの新作「ラブリー・ボーン」を観た。ひさびさに地元・吉祥寺のバウスシアター。床の傾きがほとんどない。すいていたからよかったものの、混んでいたら前の人の頭で画面が見えないところだ。

宣伝の写真を見たところでは、主役の女の子がえらくかわいかったので期待していたのだが、映画の中ではそれほどでもなかった。まぁ、かわいいにはかわいかったが。
瞳が透き通っていたのが印象的。

人知れず殺されてしまった14歳の女の子、スージー・サーモン。
幽霊のようなものになったスージーが、犯人を追い詰め、家族を守る映画か、とも思ったが、そういうミステリー的な展開で観るとやや期待外れ。
青春とか家族の絆とか、そういうヒューマンドラマとして観るものだったようだ。

 
    
「東京マラソンを走りたい」
数日前に喜国雅彦の「東京マラソンを走りたい ギャグ漫画家 50歳のフルマラソン」を読んで以来、にわかにマラソンがマイブーム。とりあえずランニングでもやってみるかと思っているのだが、その前にウェアなどグッズをそろえないと。
その前に、今日は下見というか、皇居周回コースを歩いてみた。平日昼間でも、けっこうな人がランニングしているものですね。
竹橋駅で下り、左周りにお掘に沿って歩く。桜田門駅でちょうど30分。ほぼ1時間で1周して竹橋駅に戻った。約5km。意外に早く着いたな。

    
「パラノーマル・アクティビティ」
全米で話題のホラー映画「パラノーマル・アクティビティ」を観た。劇場はシネマスクエアとうきゅう。
ほぼ一軒家と一組のカップルだけで成立している極低予算映画。実際、制作費は100万円程度らしい。
いやぁ、アイデア一発の映画だったなぁ。映画は予算や俳優じゃないということがよくわかる作品。
しかし、女のほう、ガタイよすぎ。男のほうはビデオを撮るばかりで、もっと他にすることがあるだろうといいたくなってくる。

    
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。