yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
200802<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200804
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
とことん!石ノ森章太郎
先週は1週間ぶっ続けで、BS2の「とことん!石ノ森章太郎」を見た。
放送された作品もよかったが、ゲストの方のコメントがよかった。
とくに、島本和彦。さすが漫画家ならではのコメントの連続。
漫画版「仮面ライダー」の解説はすばらしかった。
    
スポンサーサイト

テーマ:今日見たテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

絶望した! 石ノ森章太郎の読めない漫画喫茶に絶望した
この日曜から、NHK BS2で連日放送している「とことん!石ノ森章太郎」を見ている。
そういえば「人造人間キカイダー」も「イナズマン」も漫画で読んだことないなぁと思い、近所の漫画喫茶に行ってみた……のだが、ないっ! キカイダーやイマズマンがないだけでなく、サイボーグ009も幻魔大戦も何もない。
行ったのは、MANBOO!吉祥寺店なのだが、ここは各室に置いてあるパソコンで検索ができる。吉祥寺店では石ノ森章太郎の作品ゼロ。MANBOO!全店舗で検索しても、「サイボーグ009」が置いてあるのは2店舗のみ、「キカイダー」「幻魔大戦」は全店舗どこにも置いてない。MANBOO!は品揃えが悪いような感じはしていたがここまでとは。いや、ほかの漫画喫茶も似たようなものなのか?
これを確かめるべく、久々に漫画喫茶をハシゴを敢行。MANBOO!の次にまんが喫茶ゲラゲラに行ってみる。ここは、MANBOO!よりはましだったが、それでも置いてある石ノ森作品は、「サイボーグ009」「銭形平次捕物控」「HOTEL」のみ。
3件目、MEDIA CAFE POPEYEへ。ここがいちばん優秀だったが、リストにあったのは「サイボーグ009」「さんだらぼっち」「HOTEL」「マンガ日本経済入門」「沙流譚」「武蔵伝説」。
残念ながらお目当てのキカイダーは読めずじまい。近所の新刊書店にも置いてなかったし、結局、ブックオフオンラインで注文した。
    
小ゑんの「レプリカント」はとり・みき原作
先日の「新作!落語せめ達磨」で聞いた柳家小ゑんの、大学生が酔っぱらってケンタッキーのカーネル・サンダース人形をもってきてしまう噺だが、なんととり・みきの漫画が原作だったことが判明。しかもその漫画のストーリー自体、以前から都市伝説として語られていたものだそうだ。あ、ちなみにこの噺のタイトルは「レプリカント」だった。
とり・みきの漫画? どれだろう。調べてみたところ、「愛のさかあがり」のACT40「ご近所のレプリカント」だった。ここでは、作家の岬兄悟の友人の話となっていた。

なお、この情報は、ラジオデイズから「レプリカント」をダウンロード購入して聞いたところ付いていた落語随談で知ったもの。
    

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

ヘッドホン購入
トークマスタースリムを使ったラジオ番組の予約録音は順調だが、ひとつだけ問題が。
iPodで聞く時間が、ラジオの予約録音データとPodCastを聞くことだけに費やされてしまい、ふつうの音楽を聞く時間がなくなってしまった。それどころか、iPodに入れたけれど聞けないままの番組まで出てくる始末。これではいかんと、自宅で聞けるときはできるだけリアルタイムでラジオを聞くようにした。
よく考えたら、iPodは長時間というほどではないが、ほぼ毎日使っている。だったら、もっとちゃんとしたいいヘッドホンを買って、より快適なiPodライフを送りたいと思いはじめた。

今使っているのは、本体付属のものではないが形状はほとんど同様の、iPod nano用のネットストラップ型イヤホン。試しにかなり以前に買ったオーバーイヤータイプのヘッドホンを着けてみたところ、音が全然違う。今まで聞こえなかった低音がしっかり聞こえる。今まで聞いていたのは何だったんだって感じ。オーディオ雑誌に載っているような微妙な音の違いとかはわからないが、これはもうあからさまに差がある。

しばらく眠っていたAV熱が再燃して、ヘッドホン関係のカタログや雑誌などをあさったりサイトを見たりして検討した結果、BOSEのアラウンドイヤーヘッドホンを購入。耳をすっぽり覆うタイプのもの。
他にもサラウンド関係とかテレビ、ブルーレイレコーダーとかにも関心がふくらんできた。
    

テーマ:音楽機材 - ジャンル:音楽

タイ女性歌手のライブ
タイの女性シンガー5組が勢ぞろいするという、かなり貴重なライブ RS GIRL SINGERS FESTIVAL 2008を見に、原宿アストロホールへ行ってきた。出演はNEKO JUMP、NOTTO、MUT MEE、KANOM JEEN、ME'。
お目当てのNEKO JUMPはいきなりトップで登場。PVで着ていたのと同じ大きなリボンのついた衣装で「CHUP CHUP」をはじめ数曲を歌う。
NEKO JUMPの出番はこれで終わりかと思っていたら、その後、後半にNEKO JUMP再び登場。今度はデビュー曲「PU」や「I DES KA」、それに日本語で「ドラえもん」「キューティーハニー」を披露。振りもかわいくてよかった。
    
新作!落語せめ達磨アパッチ Vol.13
本日11日は、「新作!落語せめ達磨アパッチ Vol.13」を見に、なかの芸能小劇場へ行く。
前回は私的にはイマイチだったが、今回は図らずも(?)ミステリー要素のある噺が3本続いたりしてなかなか楽しめた。
まず古今亭錦之輔の産業スパイの噺。ある会社が極秘裏に開発を進めていた商品がライバル会社から発表されてしまった。社内から情報がもれたに違いない。開発者たちはずっと社内の1フロアに缶詰で、電話、ファックス、ケータイもなく外部とのやりとりは不可能。ゴミさえも入念にチェックしていたというのだが……。いったい誰がどのような方法で機密を漏洩したのか。
次に三遊亭天どんの花粉症の噺。これはミステリー仕立てということでもないのだが、最後にダイイングメッセージが出てきて、それが妙な解釈をされて……というもの。
次に今回のゲスト、柳家小ゑん。酔っぱらうと見境なくモノをもってきてしまう癖のある大学生。酔っぱらって帰って起きた朝、気がつくと部屋の中にKFCのカーネル・サンダースの人形が。この犯罪を、先輩と一緒になんとか隠蔽しようとするのだが……。
    

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

RX-DT70入手
秋葉原の松下電器サービスセンターまで行って修理に出したRX-DT7だが、残念ながら部品がないので修理不可能ということで戻ってきてしまった。残念。
そのかわり、ヤフオクでRX-DT70という、RX-DT7より1世代前の機種を落札。今日届いたのだが、非常にきれいな状態で満足。しかもリモコンと取扱説明書つき。
    
ゆびピアノ
生まれてはじめて「小学1年生」購入。お目当ては付録の「ドラえもん どこでもゆびピアノ ドレミくん」。右手の5本の指先に指鍵盤を装着し、指を机などにタップすると電子音が鳴るという、サイバーなギミック。親指から順にド・レ・ミ・ファ・ソが割り当てられ、残りのラ・シ・ドは本体にボタンがついている。
早速手につけてみたのだが、さすが小学1年生用だけあって、大人の手には小さすぎる。まず本体をマジックテープで手首に固定するようになっているのだが、これが届かない。また、たとえ着けられても指先に伸びるコードが短かくて届かない。ので本体を手首に固定するのは断念。
指先への装着は、親指が苦しいがなんとかできた。早速何か曲を……と、本誌についていた付録「ドレミくんできょくをひこう!」のおしりかじり虫、チューリップ、ぶんぶんぶん、ちょうちょうを弾いてみる。

いやぁ、これ、サイバーで超かっこいい。これの大人用が商品で出たら絶対買いますね。
しかし、「小学1年生」、このほかにもDVDが付録についていたりと、ちょっと前では考えられないハイテクっぷり。
    
バブルラジカセ
トークマスタースリムを買ってラジオ番組を予約録音したあたりからラジオを聞くことがマイブームとなり、トークマスタースリムだけでなく、最近はまったく使うこともなかったラジカセに電源を入れて聞いてみる。
……しかしこの機種(MD付きCDラジカセ ケンウッドMDX-23)、まったく操作方法がわかりにくいなぁ。チューナーの周波数を合わせるにも一苦労。
さらにこの機種の前に使っていたソニーのCFD-65を引っ張りだしてきて久々に電源を入れてみる。もう20年近く前のものなのにちゃんと使える。すばらしい。
チューナーも、ダイヤルでインジケーターを動かしていくというアナログなものだが、それだけに操作に迷うことはない。受信状態も、こちらのほうがトークマスタースリムよりいい。

ところで、ネットでラジカセについて調べたところ、80年代後半から90年くらいまでにつくられたCDラジカセの一部が、「バブルラジカセ」と呼ばれ、人気を集めているようだ。
たしかにあのころのラジカセは、各メーカーこれでもかとばかり機能を付加し、デザイン的にもごつくてでかくてスイッチがいっぱいついていて、なかなか魅力的。

バブルラジカセ博物館
とか
バブルラジカセを愉しむ頁
とかすごいサイトがあった。

とくに松下のRX-DTシリーズがダントツの人気のようだ。
実は、ぼくもバブルラジカセのひとつ、RX-DT7をもっている。
買ってからほとんど使わないまま放ってあり、先日、ひさかたぶりに電源を入れてみたところ、ウンともスンともいわない。残念!
いちおう、修理に出してみた。メーカーで修理用の部品を保存する期限が過ぎているので、部品交換を必要とするようなら修理不可能となるのだが、はたしてどうかな?
    
トークマスタースリム イップレッション
2月21日に購入したトークマスタースリム、日時設定を間違えて2月を1月としていたため、22日と23日の予約録音に失敗していたが、設定しなおした24日からは無事予約録音できている。
1日だけトークマスタースリムを外に持ち出してヘッドホンで聞いたのだが、iPod nanoと一緒にもちあるくのもつらいので、次の日からは、予約録音したMP3データをiTunesにコピーしてiPod nanoで聞くことに。
手順としては、トークマスタースリムからSDカードを取り出して、メインで使っているパソコンにデータをコピー。そのあとiTunesをたちあげてフォルダをライブラリーに追加。
さほどの手間ではないので、ここ1週間はこの方法で聞いている。

問題点としては、やはりノイズが多いこと。TBSラジオは聞けるが、文化放送は聞くに耐えない。サン電子の別売りループアンテナを付けたり、今日もまたミズホ通信UZ-77sというのを買って付けてみたのだが、改善されない。むしろ外部アンテナを付けないほうが混信がなくていいぐらい。
2月21日に購入したトークマスタースリム、日時設定を間違えて2月を1月としていたため、22日と23日の予約録音に失敗していたが、設定しなおした24日からは無事予約録音できている。
1日だけトークマスタースリムを外に持ち出してヘッドホンで聞いたのだが、iPod nanoと一緒にもちあるくのもつらいので、次の日からは、予約録音したMP3データをiTunesにコピーしてiPod nanoで聞くことに。
手順としては、トークマスタースリムからSDカードを取り出して、メインで使っているパソコンにデータをコピー。そのあとiTunesをたちあげてフォルダをライブラリーに追加。
さほどの手間ではないので、ここ1週間はこの方法で聞いている。

しかし、全般的には毎日活躍している。これは買ってよかった。
    

テーマ:新製品情報 家電・AV器機・周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。