yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
台湾の同人誌 「it's a wonderful world」
昨年12月、今年1月と台湾に行き、台湾の漫画同人誌を大量にゲットしてきた。
このまま死蔵しているのももったいないので、めぼしいものをこのブログで紹介していきたい。
というわけで1回めは、台湾で買った同人誌の中でいちばんお気に入りの一冊、「AXIS POWERS へたりあ」の同人誌「it's a wonderful world」だ。

本家「へたりあ」は、第一次大戦や第二次大戦のへたれなイタリアが中心というわけで、欧米各国がメイン。アジアでは日本、中国のほか、韓国がほんのちょっと出てくるくらい。
話としてもアジア史ネタはほとんど描かれていないのが残念なのだが、この同人誌では、中国、香港、台湾、韓国、日本などがオリジナルの国擬人化キャラとして登場する。とくに女の子になったり男の子になったりする台湾は萌え!
同人誌のメインは、本家へたりあ同様4コマなのだが、中で11ページかけて描かれた、1895年台湾が中国から日本に割譲されたときを描いた作品は秀逸。小さな女の子として描かれた台湾が、日本に向かって、「從現在起我叫永清!! 我永永遠遠都是清國的孩子!!」(私は今から永清と名乗る!! これからずっと永遠に清国の子だ!!)と涙ながらに叫ぶところはジーンとくる。同人誌の作品でこんな感動したのは初めてだ。

もちろん本家「へたりあ」もおもしろいし、見るとヨーロッパ史への関心が高まるのだが、ことキャラのかわいさでいえばこのSERAPHさんのほうが上。この画力はすばらしい。

誌名 it's a wonderful world
作者 SERAPH
http://go2.tw/seraphspace
ジャンル 「AXIS POWERS へたりあ」
ページ数 36ページ 表紙4c、本文1c

its a wonderful world
    
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。