yuブログ
ミステリーや映画、パソコンなど趣味の話題を書きつらねています。最近はもっぱら映画の感想、そしてデジカメやパソコンなどデジタル機器に集中しがち。アジア関連の話題は別ブログ「萌えるアジア」に書いています。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
「西遊記 はじまりのはじまり」
チャウ・シンチー監督の「西遊記 はじまりのはじまり」を鑑賞。「少林サッカー」以来この監督のファンなのだが、前作「ミラクル7号」からも6年もたつのか。早いなぁ。

巨大な魚の妖怪が川辺の村人を襲う冒頭のシーンから迫力満点。しかしアクの強いギャグと残酷描写がまじって、なかなか微妙な感じ。つまらなくはないのだが、「少林サッカー」のときのようなとんでもねーおもしろさはなかった。やはり「少林サッカー」がチャウ・シンチーの個性と映画の題材がうまくマッチした奇跡の一本だったのか。

エンディングで「Gメン'75」のテーマが流れたのはびっくり。エンディングクレジットを観たところ、「柔道一直線」の音楽も劇中で使われていたようだが、これはどこだかわからなかったなぁ。

    
スポンサーサイト
「おふろの王様 花小金井店」「高井戸温泉 美しの湯」
久住昌之「ちゃっかり温泉」にならって、すぐ行ける温泉に行ってみた。
最初に行ったのは「おふろの王様 花小金井店」。1月2日の昼3時前くらいに行ったのだが……これは行く日を間違えたか。場内は相当な混雑で、下手すると洗い場を確保するのもままならない状態。いくつかある浴場も、混んでいて入れないものがちらほら。
それでも露天風呂含め、十分暖まってきた。
しかし風呂から出たあと休憩スペースもほとんど塞がっていて、あまりゆっくりせず退散。次回はもっと空いてそうな日を見計らって行ってみよう。

続いて今日は「高井戸温泉 美しの湯」に行ってみた。
こちらは自宅から徒歩。まず井の頭公園に行き、神田川沿いに歩いていく。途中1箇所道を間違えて時間をロスしたものの、ちょうど1時間で「高井戸温泉 美しの湯」。今日は休日料金で1200円(平日は900円)。
こちらも家族連れなどけっこうな込み具合だったが、「おふろの王様 花小金井店」ほどではなく、十分に堪能できた。室内の温泉、露天風呂、そして今日はサウナにも入り、ほぼ1時間で退場。

    
仮面貴族FIESTA
今日は後楽園ホールへ「仮面貴族FIESTA2011」を観に行ってきた。
ミル・マスカラス来日40周年(!)記念興行。マスカラスと共に弟のドス・カラスも来日、初代タイガーマスクと3人でタッグを組んで闘うという豪華カード。

私、マスカラスが初来日したときの衝撃は今でも覚えている。当時小学6年生。来日以前からマスカラスについては「ゴング」でこれでもかとばかり書かれていたのだが、来日第1戦、星野勘太郎との試合で見せたインパクトは予想をはるかに上回っていた。コーナーポストからのフライングボディアタックという、当時としては見たこともない技を披露。この1試合でみごとにファンになってしまった。
あれから40年か……今もなお現役とは、それだけでもすごい。

さて、今日の後楽園ホールだが、着いた早々へこむことが。席が南側C-1。これって1階席前から3列めの一番端。ほぼリングの対角線上であり、試合を観ようとするとコーナーポストがじゃまになる。後楽園ホールはどこから観ても観やすいと思っていたが、こんな死角があったとは。
そして2000円出してパンフを買ったら、中身が見事に写真のみ。選手名がアルファベットで記されている以外は文字がまったくない。大会開催の経緯とか登場選手のプロフィールとかまったくわからずじまい。

試合数は全6試合。あまり多いと途中でダレるし、このくらいが私としてはちょうどいい。
1試合1試合感想を書いていくと長くなるので、気になるところだけ書いておこう。
2試合めのA☆YU☆MIvs大畠美咲。A☆YU☆MIの見せたコーナーポスト上に登った相手への卍固めにはびっくり。コーナーポストでかける意味がまったくない。よくこんな技やろうと思いついたな。いや、いい意味で。
3試合めと4試合め、男女ミックストマッチ(3試合めは6人タッグで一人だけ女子、4試合めはタッグマッチで一人だけ男子)だったが、これって何? 大した意味もなくミックストマッチをやってもまったく面白くないのでやめてもらいたい。
5試合め、大ハヤブサ(中身は天龍)登場。ところが動きがめちゃくちゃスローモーで、まるで晩年のジャイアント馬場。天龍、いつのまにこんなことに。
というか、あのスローモーな動き、馬場独特のものかと思ったが、誰でも歳をとってプロレスを続けるとああなるのか。

そしてお待ちかね第6試合。ミル・マスカラス、ドス・カラス、初代タイガーマスクの揃い踏み。ドス・カラスと初代タイガーマスクは上半身を衣装で覆っていたが、マスカラスは上半身素肌。背中の皮膚がたるんではいるものの、全体的には往年の体格を維持している。マスクをしていることもあって、とても40年もたったとは思えない。
ちなみに初代タイガーマスクはあいかわらず太りすぎ。その割には動きはシャープだったが。
マスカラスも寄る年波には勝てないのか、動きはスローモーになっていたが、それでもちゃんとフライングクロスチョップやブランチャーといった飛び技を披露し、観客を沸かせてくれる。ドス・カラスとのダブル・フライングクロスチョップや、最後にはコーナーポストからのフライングポディアタックまで見せてくれた。いやぁ満足。
私だけでなく、当日会場で観ていた観客ほぼみんな満足したのではないだろうか。

    
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。